東京でアマミヤアンナさんの呼吸レッスン受けてきました

東京にいってきました(日帰り)
前日?直前に決めて、勢いで。

「呼吸の本」という本も出されている、呼吸の先生 加藤俊朗先生が考案した、加藤メゾットの呼吸をされている 呼吸ラボラトリーのアマミヤアンナさんの呼吸レッスンにいってきました。

この加藤メゾット 呼吸レッスンは、呼吸法をつうじて、自分の中に眠っている潜在意識をひきだし、からだ・こころ・たましいをひとつにするというもの。こうやって聞くとちょっとあやしそうかしら。。。笑

お腹を使って「息をはく」ことに意識を向け、からだとこころを整えていきます。
わたしのヨガのクラスでは、この呼吸を入れています。

今回はこの呼吸レッスンとインナーチャイルドケアのお話とのコラボレーション講座でした。久しぶりの東京も新幹線もこの講座もどれもこれもワクワクしっぱなしでした。

インナーチャイルドケアのお話をしてくださるのは、松井歌織さん。

インナーチャイルドは「内なる子供」と言われることも多いのですが、この講座では潜在意識と同じと話されていました。
自分の中から出てくるネガティブな感情。出てきたときは癒しのタイミング。無理に掘っていこうとせず、出てきたものは手放し、新しいエネルギーで満たしていこう。
そんなお話でした。

はく息で手放し、吸う息で新しく満たす。
呼吸を使うとやりやすいよーっ教えてもらいました。

インナーチャイルドのこと、うっすらとしたことしかわからず参加し、ちゃんと聞くのは今回が初めてなので言葉にするのがむずかしいのですが、潜在意識と同じということで考えると、自分で癒すこと、変えられることができるし、それは誰かにやってもらうことではなくて、自分にしかできないということ。

潜在意識、今わたしの中でかなりブームです。

お待ちかねのアマミヤアンナさんの呼吸レッスン。
自分のからだとこころをお掃除するように、吐く。
いらないものを手放すように、はく。とにかくはく。
息をはいたらはいたぶんだけ、新鮮な空気をからだに取り入れることができる。
からだとこころを整えると、からだの奥に眠っていた
本来の自分が持つ、本質や潜在的な意識が引き出される。

アマミヤさんの誘導に身を委ねて、はくことに意識を向ける。
安心して委ねられる心地よさを感じながら、はく。
しばらく続けると。。。眠い 笑
眠い、眠い、眠たい。。。自分でも驚きました。
はじめての場って、ちょっと緊張したりするんですが、眠いってかなりリラックスできているってこと。
はく息=ゆるむ
身をもって体験しています。

気持ちよく集中していたら、あっというまに時間が過ぎていました。

講座おわってから、松井歌織さん アマミヤアンナさん おふたりともとお話することもでき、自分の中にあったモヤモヤした霧もすっかり晴れたよう。

東京らしいものを食べたわけでも、行ったわけでもないのですが
とってものびのび過ごせたのです。気持ちが特にのびのびしました。

ほんとに思い切っていってよかったなぁ。

帰りの新幹線まで、駅に向かいながら
会場近くの、明治神宮を歩いたり、東京駅を眺めたりしました。

加藤メゾットを考案された、加藤俊朗先生のレッスンも受けてみたいなぁ。

 

mayu

ブログを読んでるだけでもおもしろいです

アマミヤ アンナさん
呼吸ラボラトリー
http://kokyulaboratory.com

加藤俊朗さん
http://katotoshiro.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です