月別: 2017年7月

ぬか酵素風呂に入ってきました(ぬか天国、淡路島)

淡路島へ日帰り夏旅にいってきました。

目的は、「米ぬか酵素風呂」に入ること!

数年前からずっと気になっていた、米ぬか酵素風呂。体験してきました。

まずは腹ごしらえ。

釜揚げしらす丼。
目指したお店はまさかのお休み。
お店の前でちりめんの作業していたお店のお母さんが、せっかく来てくれたからとしらす丼をつくってくれました。

漁港を眺めながらの釜揚げしらす丼。
お母さんのしらす丼、絶品でした。

自然豊かな道をすすみ、気分はすっかり夏休み。

いよいよお待ちかねの「ぬか天国へ」

簡単なおからだチェック、アーユルヴェーダの診断を受けました。

いよいよ、酵素風呂へ。

おっきな部屋の中に砂の山が!

見た目はさらさらの黒い砂の山。ぬかに麻炭を混ぜてあるので黒くみえるそうです。

すこーし素朴で甘くやさしい香りがありますが、全然気になりません。

ふわふわ ふかふかのぬかの上に、ごろんと横になるとスタッフの方がぬかをかけて、埋もれさせてくれます。

ぬかと有用微生物が酵素の力で発酵して、60度ぐらいの温度を保つそうです。

体感はあつめのお風呂ぐらいです。

他の熱エネルギーは一切使わず、自然発酵なので安心安全だそうです。

からだの芯からポカポカするそうです。

夏場は15分ぐらい、冬は20分ぐらい入るのがおすすめだそうです。

全身ぬくぬくで顔からは汗が。

いいタイミングでスタッフの方が冷たいタオルで顔を拭きにきてくれます。

ナイス!!

15分したらスタッフの方がおこしにきてくれて、座った状態でかるく塩が入った水を飲んですこし過ごします。

ひとりずつシャワールームに入って全身洗って出てきてびっくり。

お肌つやっつや!!すべっすべ!!

からだも軽い!!

からだの中から老廃物がでたからなのか、スッキリした気分。

体質改善やメンテナンスに遠くからたくさんの方が来られているみたいです。

好転反応が出る方もいるみたいです。

わたしも眠気とぶつぶつがでました。

すぐにスッとひきますが。

わたしも冷えに悩んでいたこともあり、あたたまる気持ちよさを味わうことができました。

またいきたいなぁ。

自然の中にいくこと。

しずかでゆっくりした時間をもつこと。

最近のブームです。

 

mayu

 

◎ぬか酵素風呂 「ぬか天国」

http://sun-sun33.com/about.html

懐かしい気持ちになりました

友人のお誘いで神戸 塩屋にある、旧グッゲンハイム邸でおこなわれたピアノの演奏会にいきました。

ピアノのやさしい音色のおかげか、ここの空気感なのが、はじまってすぐに心地よくなりました。

からだがかるくふわふわするような。

目をとじて聴いていたら、まるで瞑想のよう。しずかで心地よい。

あまりに気持ちよいので、そのまま瞑想を続けていました。

懐かしい感じがしてきて、こどもの頃の夏休みのときの感じがしました。

そして、もっともっと自分を解放したいのだと気づきました。

すぎていく日々、ときどき立ちどまりこころしずかに、意識を自分にむけていくことの大事さを感じています。

こころしずかだから気づくことや、みえることってたくさんあって、わたしは自分のことがもっと知りたいなぁと思っています。

とても心地よい、しずかな夏の夜でした。

 

mayu

3回目ヨガとランチ会。ロバボンにて終了しました

神戸 元町にあるブラッスリーロバボンさんでの月1回のヨガとランチ会。

3回目、無事終了しました。

今回は新しいメンバーさんも増えて、さらに盛り上がっていました。

ここに参加している方はヨガはじめての方がほとんどです。

受けとるチカラが強いなぁといつも感じています。

動きはゆっくりゆっくりですが、今の呼吸、からだの感覚、自分の内側に意識をむけることを大事にしながらやっています。

おわったらいつもそれぞれが感じたことを自分の言葉で教えてくれます。

いつもその姿や言葉にわたしは感動します。

とっても素直で美しい。

前回みんなで話しをして、

そうかーこうしてみよう!

と思ったので行動してみたら悩みが解決したと報告をしてくれる方もいました。

ヨガをして、ランチしながらおはなしをして、また次に集まったときに変化や気づきを教えてもらえる。

ステキな時間になってます。

みなさん、ありがとうございます。

 

mayu

 

リトリートとは

昨日お知らせしたイベント「しずかな朝のリトリート」、ずっとやりたくて一歩踏み出せずにいましたが、友人のちひろちゃんの力をかりて実現することになりました。
ちひろちゃんの言葉は深くて説得力があり、どんどん引きこまれていきます。わたしはちひろちゃんとはなしをするのがすきで、話すたびに自分の軸に気づきます。

ちひろちゃんとは昨年に出会い、同じ方向をみている仲間として、今後も力をあわせていきたいです。
来月開催するイベントのこと、ちひろちゃんがわかりやすくかいてくれました。
ゆっくりとよんでいただけたらうれしいです。  mayu

↓        ↓        ↓        ↓

リトリートについて
昨夜お知らせした来月のしずかな朝のリトリート。このリトリートという言葉、なじみのない方も多いかもしれません。

忙しい毎日を過ごしていると、頭も心もからだも知らず知らずのうちにいろーんなことでいっぱいいっぱいになっていたりしますよね。日常のあらゆることから一旦離れられる時間や場所をもって一人静かに過ごしながら自分の素直な気持ちやからだのサインに耳を傾けて、ちょっとした意識や行動をリフレッシュするきっかけにする、というのがリトリートです。

学生時代に藤沢優月さんの本でこの過ごし方に出会って以来、日々少しずつ、また大事な局面では意識的にも図らずもかなりしっかりとしたリトリートの時間をもってきました。

近場での一泊や少し遠くへの旅もそうですし、いつも一人で行くカフェでノートとペンだけを脇に置いてなんとなく過ごす時間もそう。早朝ベッドの中で寝ぼけた頭から素直にこぼれてくる思いや考えに耳を傾けるのも日々欠かせない小さなリトリート。雑事に追われている時は姿を見せない、自分のほんとうの気持ちに出会う大事な時間です。

一人でするのもいいけれど、心地よい静けさを一緒に味わった人たちとぽつぽつおはなしできたらまたちがった形で心が広がりそう。今回、私にとっては日々のリトリートの一つになっている料理で+いつも笑顔をくれるyogaのmayuちゃんとコラボでひらけるのはとても嬉しいです。

もしご都合が合うようでしたらご一緒しましょうね。
8/5(土) しずかな朝のリトリート

詳細はこちら

8/5(土) しずかな朝のリトリート in summer

 

8/5(土) 10:00〜14:30
しずかな朝のリトリート in summer
〜 mayu yoga × 汐音屋 kitchen 〜
@シェアスペース&キッチン マルメロ

8月のはじめといえば大暑の頃、夏の盛りです。
力強さを増す太陽にかきたてられ、
気持ちもエネルギーも外へ外へと向かいやすいとき。
からだもこころもひと息つく間、
自分自身の内側に戻ってひと休みする時間を必要としています。

ひととき、自分の手元足元を見つめなおす時間を。
こころを今ここに留めてくれるyogaと料理で
夏の朝をしずかに過ごしてみませんか?

【yogaコース】はからだからこころに心地よさを広げていく癒し系ヨガを、
【kitchenコース】では中国伝統医学に基づく薬膳を取り入れて、
お粥を中心とした夏野菜たっぷりの養生ごはんを一緒につくります。

お昼は全員で食卓をかこんでゆっくりと。
今このとき感じたことにお互いに耳を傾けながら過ごしたいと思います。
また、みなさんから伺ったことを踏まえて、
私たちが日々心身をととのえるために取り入れている、
自然の摂理をすこやかに生きる知恵とする中国伝統医学の養生法から
この時期の過ごし方もシェアしたいと思います。

ほてったからだとこころに清らかな水が隅々まですぅーっとしみわたり、
自分の中の干からびていた何かが息を吹き返しはじめる、
そんな瑞々しくしずかな朝の時間をご一緒できたら嬉しいです。

mayu & 汐音屋 chihiro

******

◎日時:2017年 8月 5日(土)
10:00〜14:30(開場 9:40)

◎会場:シェアスペース&キッチン マルメロ
神戸市中央区元町通 1-7-2 ニューもとビル5F

◎当日のスケジュール
9:40〜 受付
10:00〜 ごあいさつと今日の流れ
10:15〜 各コースに分かれて
11:45〜 全員で食卓の準備
12:00〜 お昼ごはん & シェアタイム
14:00〜 お片付け
14:30 おひらき

◎選べる2つのコース
*どちらも初心者の方でも大丈夫です。心が動く方を選んでご参加ください。

【yogaコース】
定 員:12名
参加費:4,800円(ランチ付き)
内 容:mayuのゆったり癒し系yoga(講師:mayu → mayu-yoga.com
お粥と夏野菜たっぷりの盛夏の養生ごはん(両コース共通)
蒸し暑い夏をすこやかに乗りきる過ごし方のおはなし(両コース共通)
持ち物:ヨガマット、ヨガができる服装、タオル
*ヨガマットをお持ちでない方には貸出あり(別途200円)
数に限りがあります、ご予約時にお申し込みください。

◇ mayuよりひとこと ◇
やわらかな雰囲気で、ゆったりと動く癒し系のヨガをします。
ときどきプルプルします。
はじめての方もからだがかたい方も安心してご参加ください。
からだとこころが自然とひろがり、心地よさを感じてもらえたらうれしいです。
自分の呼吸やからだの感覚にじっくりとむきあい
自分の内側に意識をむけることを大切にしていきます。
こころのスピードをおとし、しずまっていく感覚を味わっていきたいと思います。

【kitchenコース】
定 員:6名
参加費:4,800円(ランチ+小さなおみやげ付き)
内 容:お粥と夏野菜たっぷりの盛夏の養生ごはんを一緒につくります
簡単おからだチェック
(講師:薬膳インストラクター 汐音屋 山崎ちひろ → shioneya.com
お粥と夏野菜たっぷりの盛夏の養生ごはん(両コース共通)
蒸し暑い夏をすこやかに乗りきる過ごし方のおはなし(両コース共通)
持ち物:エプロン、ハンドタオル、三角巾やヘアゴムなど髪留め
*ヨガマットをお持ちでない方には貸出あり(別途200円)
数に限りがあります、ご予約時にお申し込みください。

◇ 汐音屋 chihiro よりひとこと ◇
忙しい毎日のごはんは手早くおいしくがベストですが、
たまには料理をする時間そのものを五感でゆっくり楽しんでみませんか?
手や包丁から伝わる野菜のみずみずしさや彩りを味わい、
いつもの野菜も初めて食べた時のように味見をして、
素材から料理へと変わっていく匂いや音を感じてみるといつのまにか心が穏やかに。
つくりながら一人一人の今のからだの状態に合った食事のひと工夫もお伝えします。
ふだん料理をしない方もできそうなことからご一緒に。
食べることから自分を大事にするきっかけがみつかれば嬉しいです。

◎最小催行人数:両コース合わせて8名
◎申し込み締切:7/25(火)まで
25日までの予約状況で開催の有無を判断し、翌日お知らせします。

*開催が決定しましたので、ご予約受付を7/31(月)まで延長します。

◎キャンセル規定
会場準備・食材調達の関係上、
7/26以降のキャンセルには以下のキャンセル料を頂戴します。
あらかじめご了承ください。
・7/26(水) 〜 7/31(月)まで … 参加費の半額
・8/1(火) 〜 開催当日まで … 参加費の全額

◎予約方法
*Facebookイベントの参加ボタンのクリックでは予約となりません。
*以下の内容をメールでお送りください。
こちらからの返信をもって受付完了となります。
・名前
・携帯電話番号
・年齢層(例:30代後半)
・食べ物のアレルギーなど
・ヨガマット or エプロン貸出予約(希望される方のみ)

*メールの送り先
【yogaコース】→ mayu にご連絡ください。
メール:mayuyoga.kobe@gmail.com
【kitchenコース】→ 汐音屋 にご連絡ください。
メール:shioneya@gmail.com

*2日以内に返信が届かない場合、受信できていない可能性があります。
お手数おかけしますが、再度ご送信ください。

◎ご留意ください
・着替えについて
会場内に更衣室のスペースはありません。
現地で着替える方はお手洗い(1か所のみ)をご利用ください。
できるだけヨガができる格好で来ていただくのをおすすめします。

・コース変更を希望される場合
最初に申し込んだコース宛に変更希望の旨ご連絡ください。

ヨガとやさしいご飯の会 無事終了しました。Cafe Cru.(神戸、元町)

神戸 元町にあるカフェ、cru.さんでのイベント

「ヨガとやさしいご飯の会」無事に終了しました。

はじめての場所でのはじめての会だったので、わたしもたのしみとちょっとドキドキがまざった気持ちでしたが、たのしかった、また開催してほしいという声をいただき、ほっとしています。

小さなお店なので、マット5枚でいっぱい。そのおかげで一体感がうまれていました。ご飯のときも話しに華が咲いてました。

今回は夏にからだを冷やさない食事の採り方というテーマで.Cafe Cru.の店主きんちゃんが料理をつくってくれました。

今回のメニューは
⚫︎新生姜ご飯
⚫︎ケールとソーセージ、豆のポルトガル風スープ
⚫︎ハーブブルサンチーズ入りサラダ
⚫︎彩り人参と生麩のクミンソテー
⚫︎ぬか漬け(水ナス、オクラ、りんご)
⚫︎カモミールのハーブティー
⚫︎びわ丸ごとの酵素ジュース

どれもおいしかったなぁ。

わたしはヨガの後は五感がさえるように感じていて、味もいつもよりもしっかり感じられるような気がしています。

有機野菜の人参は皮のままいただきました。甘さにびっくりです。

わたしの一番のお気に入りは、ぬか漬けのりんご。夏にぴったりでした。

どうやってつくるのかなぁ。聞くの忘れていた。笑

ヨガとやさしいご飯の会、日常の中でなにかのきっかけになればうれしいです。

無意識だったことに、意識のアンテナがたつといいなぁ。
mayu