カテゴリー: 日々

田植え日和

友だちに誘われて、神戸市北区で自然栽培をしているniu farmeの畑へ。
自然大好きなみんなで田植え!

これが、想像と全然ちがった。畑に苗を植えるみたいな田植え。
草をかきわけ、土に穴をあけて、苗を植えていく(不耕起栽培)
なにこれおもしろい。ハマった。

広い空の下で、大地に触れて
みんなでおしゃべりしながらからだを動かして
ときどき黙々とからだを動かして
手作りの美味しいごはんを食べて
干し草の上にねっころがって休憩してみたり

めちゃんこ楽しい。

「自然体」という言葉がぴったりの場所で、ここにいるみんなが自然体で過ごしている。
すっかり軽くなって、帰ってきました。

田植え中に、友だちが手に持った苗をみて

「お米一粒から、こんな立派な苗ができるんやで。
お茶碗一杯ってすごいエネルギーやん。元気でるはずやわ」

って。
本当にそう思う。でも忘れちゃう。

大事なことを忘れているときには、思い出すことが起こる。
田植えにきてよかった。

mayu

目覚めた。感動。

植物を育てるのが好きです。

ハーブ、観葉植物、野菜など
主にプランター菜園で育てています。

5年ぐらい前に、わたしのところにやってきた多肉植物とウンベラータ。

多肉は、前に育てていた方が引越しするからとうちにきました。
ウンベラータは、剪定して挿し木にしました。

他の植物たちは、大きくなったり、葉が増えたり、実ををつけたり、何かと変化がみられたのですが、この2つは元気だったんですが、目に見える変化がないままでした。

が、この春、葉と花をつけました。

感動してる!!

目覚めや開花のタイミングはそれぞれ。
人間も同じ。

このタイミングだったんだなー。

mayu




ファーマーズマーケットでビーチヨガしました

山も海もどちらも眺められる、神戸の魅力たっぷりの須磨海岸。
須磨海岸で開催されたファーマーズマーケットでビーチヨガをさせていただきました。

自然とのつながりをかんじながらヨガをして
マーケットの朝ごはんとドリンクを潮風あびながら食べて
お店の方とおしゃべりしながら買い物して
海に足をつけてきました。

この日は絶好のビーチヨガ日和で、みなさんはやめに集まってこられて、ごろんとねっころがったり、ぼーっと海を眺めたり、くつろがれていました。
見慣れたお顔がたくさんあって、すごくうれしかったです。はじめましての方もありがとうございます。

おわったあと、多くの方が感想を伝えてくれまして、とってもありがたかったです。

このマーケットは、地産地消をテーマに、安心・安全の食品が並び、食をとおした取り組みを続けられています。ヨガには「つなぐ」「結ぶ」という意味もあり、からだやこころ、自分自身とのつながりだけでなく、自分とまわりの人、地域、社会、自然とのつながりも。

食について、健康について、環境について、社会について考え、たのしくポジティブなアクションにつながるきっかけとなればと思います。

ビーチヨガは終わりですが、マーケットは続きます。
毎月開催場所が変わります。一期一会の出会いをおたのしみください。

みなさん、ほんとにほんとにありがとうございました。気持ちよかったね。

mayu

ファーマーズマーケットについて
https://eatlocalkobe.org/farmers-market/

あたたかい気持ちになっています

晴れ晴れとした5月の終わり。
札幌から神戸に旅行中の方がヨガクラスにお越しくださいました。
神社やお寺でヨガをしたいと思っていたそうで、うれしさがこちらにも伝わってきました。

この日はほかにも、生徒さんの大切なご友人
数年前にいっしょにヨガをさせていただいた方との久しぶりの再会
いつもお越しくださっているみなさまがお越しでした。

みんなにホッとしてもらえるような場を心がけていますが、はじめは少し緊張感があるものです。
からだを動かし、呼吸を感じ、自分の内側へと意識をむけ、それぞれのヨガをしていくと、場の空気感も心地よいものになります。

札幌からお土産を持ってきてくれていて、ヨガがおわってみんなでいただきました。

まわりとやさしくつながってくださるみなさんを見て、わたしはいつもあたたかい気持ちになります。
どのヨガクラスでも。

mayu

ヨガを続けているうちに

10年間コツコツとヨガ教室にかよってくださっている方がいます。

ずっと誰かのために生きてきたから、これからは自分のために何かしたい。と、ヨガの扉をひらいたそうです。

彼女がヨガをはじめた頃、わたしはヨガクラスで「自分にやさしく」ということをよく言っていたそうで、その言葉が残り、自分はどうかと問いはじめたそうです。

そして、ヨガを続けていくうちに、自分に正直になっていいんだ。
イヤなこと、違和感を認めてもいいんだ。
と気づいたそう。

誰であっても、自分を抑制させると苦しいもの。
彼女は、自分を抑え、我慢することで、波風立たないようにしてきたそうです。

これはおかしいことなんだ。と思うようになり、正直に生きることを決めて、舵をぐぐっときっていきました。

自分を抑制して生きる苦しさをわたしも知っているし、続けることで自信が持てなくなった経験もあります。

ヨガを続けることで、自分をごまかせなくなってくる。
というのがわたしの体感です。

ヨガの後、彼女は、今しあわせだと穏やかに話してくれました。

ヨガの後は、大事な話が出てきます。
プライベートヨガはとくに。
大切なお話を聴かせていただき、ありがとうございます。

つたない文章ですが、いつも読んでくださってありがとうございます。

mayu

本来ある姿に戻っていく

9カ月間のヨガセッションが終了しました。

時間をかけて、1対1でのやりとりを重ねて、歩きはじめた彼女。

生きやすくなりました。
最後の日に伝えてくれました。

もちろんこれでおわりではなく、これからも続く人生を、受け取ったことを自分自身に生かしながら歩んでいくはず。

それがヨガだから。

自分の中の否定的にあつかっていたところに肯定という光があたると、その人本来が持つ力がかならず発揮されていく。

ヨガはその人そのものを変えようとするのではなく、本来ある姿に戻していくこと。
本来の姿に戻すことで、発揮の仕方、おもてへの出かたが変わっていく。

生きやすくなるし、自然と人生も変わっていく。

日々のことに追われて、このままでいいのかと思いながらも、目の前のことに一生懸命で、結果的にそれは本質的な問い、本当に向き合わなきゃいけないことから目をそらすこととなり、同じところをぐるぐるとまわっている。

でも、ほんとうに向き合わないといけないことは、ずっと追いかけてきます。

ぬけだせるきっかけは、いくらでもある。
ぜひ信頼できる先生のもとで、自分のことに取り組んで欲しいと思う。できれば1対1で。

ヨガの先生は、ヨガによって生きやすくなった人も多い。はなしてみるとわかるんじゃないかな。相談してみるといいと思います。

大切なときをいっしょに過ごさせてもらいありがとう。

感謝しています。

mayu

5月の予定(2022)

足りない、足りないと
いつも何か足りないと追い求めていると、誰だってつかれちゃう

気持ちよくからだを動かし、呼吸を感じてみよう。
頭の中もこころも静まり
内側から満たされていることに気づくはず。

**********

ポーズの形にはあまりこだわらず、呼吸やからだを感じ、自分の内側への気づきを深めていくヨガをしています。

【5月の予定】

#一宮神社

・5/1 (日) 10:00〜11:15 
・5/22 (日) 10:00〜11:15 

※水曜クラスはしばらくおやすみです。水曜日にお越しいただいていた方で、チケットが残っている方はご相談ください。

一宮神社のヨガクラスについてはこちらです(神戸、三宮)
https://mayu-yoga.com/lesson/ichinomiya-jinja-yoga/

#お寺ヨガ

・毎週火曜日 10:30〜11:45
※5/3 (火) は、おやすみです

お寺ヨガについてはこちらです(妙光院、神戸 中央区)
https://mayu-yoga.com/lesson/otera-yoga-kobe/

#堀江会館

・毎月第2日曜日 10:00〜11:30
5月は、5/8 (日) 

堀江会館のヨガクラスについてはこちらです(大阪、四ツ橋)
https://mayu-yoga.com/lesson/horse-osaka/

《オンライン》

#プライベートヨガ

・日程は相談して決めています

ひとりひとりに合わせた、あなたのための時間です。

まわりを気にしてしまうことは、誰にでもあります。
いっしょに自分のためのヨガをしましょう。

制限の多い暮らしになってから、グループのヨガクラスからプライベートのヨガに変える方もいますよ。

オンラインプライベートヨガについてはこちらです
https://mayu-yoga.com/2020/12/05/privateyoga-mayuyoga/

#ヨガライブ配信

月に2回ぐらい、公式LINEの中で簡単なヨガを配信します。
・日程は常時お知らせします

おひとり おひとり と交流を深めていきたいと思っています。申し訳ありませんが、1度ヨガクラスにご参加をいただいてから登録をお願いしています。ご遠方の方は、お問い合わせからご相談くださいませ。

お寺ヨガ1周年

お寺でヨガをはじめて1年が経ちました。
もうずいぶん長いおつきあいをしているような感覚があって1年とは思えないのですが。でも1年です。

たのしく続けることができているのも、お越しいただきているみなさんや、サポートしてくださるお寺のみなさんのおかげです。ありがとうございます。

ヨガとは「つながり」という意味も持ちますが、まさにつながりの場で
お寺のご近所の方が来てくれて、その方が大切な人を連れてきてくれて、また大切な人を連れてきてくれて。。。とつながっています。

他にも友だちが来てくれていたり
このブログを見つけて来てくださったりして広がっています。

この輪の中にいれてもらえて、とってもうれしい。

ひとり ひとりがその人らしく
素直なままでいられるように、ホッとできる場をつくりつづけていきたいです。

2年目もよろしくお願いします!

mayu

どこにいても

4年間いっしょにヨガをしてきた彼女。
仕事の希望が叶い、まもなく海外へ引っ越しされます。

少人数のヨガクラスで、みんなではなしをする機会が多くて、これまでたくさんの対話を重ねてきました。

みんなの関係性もひとりひとりの違いを尊重し、調和的ですばらしくて。
最後にハグをしている姿をみてじんとしたよ。

わたしの願いは、みんなが自分のヨガを続けてくれること。
生きていくうえで、かならず役立つから。

どこにいても
ひとりひとりのしあわせを祈ってる。

ゆるんでいくと気づいていく

自分と向き合っていると、思わぬところから気づきがおきます。

今日は、ヨガの途中でお手洗いにいきたくなったけど、がまんしようとしている自分がいた。
とはなしてくれた人がいました。

ふだんもいろんなことをがまんをしているからイライラするんだ。と、ふと思ったそう。
もうやめようと思い、お手洗いへ。さらりと行動にうつされた。

いつもがまんすることが身につくと、自分にとっての違和感やしたいこと、本音を無意識にさらりとながしてしまう。そういう思いをなかったことにしてしまう。

ヨガの練習で、からだの感覚を感じようと意識をむけることは、自分と向き合う入り口。
そして、からだの声に耳を傾けるということは、頭の中のおしゃべりをお休みにして、本心を素直に感じることにもつながっていく。

自分を大切にすることと同じです。

自分の内側からの声を受けとっていけるといいよね。

大切な気づきをおしえてくれてありがとう。

mayu