一陽来復

今週は冬至があり、グレートコンジャンクションという節目もあり、クリスマスもあり
いろいろめじろおしで、以前のわたしだったらざわざわしているだろうなと思いながら、今年は落ち着いています。今年は年末感が感じられないからかな。

冬至をむかえ、ここから少しずつ日がのびて、陽が満ちていきます。あかるい兆しがみえはじめる節目。陰がきわまり陽が生じる冬至の日は、一陽来復という言葉も目にします。
そして、一陽来復には、こんな意味もあるよと以前教えてもらいました。
つらいことのあとにはいいことがある。

一見わるいことも、よいことがはじまる兆しかも。むだなことはないみたいです。わたしの2020年はまさにそんな感じ。

悲しいことやつらいこと。
その渦中はなかなかわからないかもしれないけど、自分の本心に気づくきっかけとなったり、本来の自分にもどるきっかけになったり、自分のことを知るヒントがかくれていたり、ターニングポイントになることも。

 

 

今日は、クリスマス。
みなさまよいクリスマスを。
あたたかな日々を。

 

mayu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA