ビジュアルファシリテーションの講座へ行きました(神戸、元町)

ビジュアルファシリテーションの講座にいってきました。

まゆちゃん、色や絵すきだよね?

よかったら講座にこない?とこの講座をお手伝いしていた友人に誘われていってきました。

この友人は、わたしが今伝えることやきくことに興味をもっていることも知って声かけてくれました。

ビジュアルファシリテーションの話しをきいてきたのですが、受けてわたしがどう思ったかを書かせてもらいます。

ビジュアルファシリテーションとは、会議や人が集まる場で、会話を図や絵に表現しながらかいていく手法で、グラフィックファシリテーションという呼び方もされているそうです。

ただ描くことではなく、次々と発言されることを、色や系統図などで最適なまとめ方で整理されていきます。

会話を見えるかたちにすることで、話しが堂々巡りすることが減り、考えるポイントがわかりやすくなるなど、シンプルにわかりやすくなるなぁと感じました。

コミュニケーションが高まり、気持ちのよい関係が築けるのではないのかなぁ。

みんなが気持ちよいコミュニケーションをとることができたら、世の中はさらに平和になるんじゃないのかしら。そんな方向にむかっている気がする。

そんなことを思っていました。

あまり自分のまわりにはいない方々と時間を過ごせてたのしかったです。

外の世界にいくのは大事だなぁ。

これからもいろんなところへいってみよう。

使わせてもらった文房具がステキでテンションあがりました。文房具すきです。

 

mayu

詳しくことはこちらまで

グラフィックカタリストビオトープ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です